私は大分県で生まれて、小学校5年生まで大分で育ちました。

 

小学校5年生の担任の先生に

「やればできる。できないのは意志が足りないからだ。」

という言葉を教えていただきました。

うまくいかないときや,超えられそうもない壁にあたったときに思い出します。

 

便利な言葉で、困難なことがなんでもできそうな気がします。  

大分県の耶馬溪に青の洞門というトンネ ルがあります。

禅海和尚が掘った洞門(トンネル)で、耶馬渓を代表する名勝です。

 

諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、

極めて危険な難所であった鎖渡で人馬が命を落とすのを見て、

慈悲心から享保20年(1735年)にトンネルをつくったと伝えられています。

この史実を取材して、菊池寛が『恩讐の彼方に』(おんしゅうの かなたに)を

大正8年(1919 年)1月に発表しました。

 

しかし禅海は、小説の主人公である市九郎(了海)のようにこれを独力で掘り続けたわけではなく、

托鉢勧進によって掘削の資金を集め、石工たちを雇って掘ったそうです。

また敵討ちの話も菊池による創作だそうです。

この小説は短編小説で、すぐ読めますのでぜひお読みください。

アマゾンキンドルだと0円です。
 

 

 

さて、昨年の5月18日より本格的に英会話をリスタートしたのですが、

1年ではまだまだ中級レベル。

早く、バイリンガルデンティストになりたいと思います。

 

毎日レアジョブでフィリピン人と会話し、もうすぐ400回(約200時間)。

自宅近くのグリーンハウス英会話スクールにも毎週通って、英語漬けの毎日です。

やってもやっても知らない単語がでてきて、まだ覚えるのか~、と思うと嫌になる時があります。

 

しかしゴルフと違って、やればやるほど下手になることはありません(笑)。

着実に身についているようです。

患者さんで来院されるインド人、パキスタン人を英語で治療するのに苦労しないばかりか、

世間話もできるようになりました。

 

 

皆さん英会話とても楽しいですよ!