ワールドカップ 初戦 日本 対 コートジボワール 本当に残念でした。


本田選手が1点 入れたときにはこれは3-1ぐらいで楽勝かと思いました。

でも、現実は甘くなかったです。なんといっても体が違いすぎます。

それと顔つき・・・日本の選手は優しそうで、コートジボワールの選手はちょっと怖い顔です。
身体もしなやかで、バネがありそうです。勝負に対する執念がなんだか上回っている感じでした。


それでも日本にプロサッカーリーグができて、

ジーコさんがプレイしていた時の日本人のサッカーはあきらかに進歩していると思います。
周りが過度の期待をしすぎているのかもしれません・・・。
それでも世界のサッカーのレベルにもうすこしで到達といったところでしょうか?

 


さて、・・・日本のタバコ事情は本当に遅れています。

50年以上は海外に遅れをとっていると思います。
スカイプで英会話しているときに思いついたのですが、

「吸殻」を英語でなんというかわかりますか?


cigarette butts(シガレット バッツ)
⇒ シガレット(タバコ) × 罰 (ペナルティー)


やはり道に落ちているタバコの吸殻はレッドカードですね(笑)